プロのための業務用洗浄剤!メーカー直送特価でNOW ON SALE

お部屋掃除のコツ

楽に掃除をするためにしておくこと

部屋に余計なものを置かないことです。とは言っても生活をしていく上で必需品はあるので、必要のあるものとないものとを仕分けし整理整頓していくことが基本的な対策となります。

必要なものは残し、必要でないものは処分することになるのですが、これがそう簡単なことではありません。人によってはものをなかなか捨てられないのです。そこで必要でないものを思い切って捨てていくための基準が必要になります。自分の生活の中でそのものがないと困るものかどうかが判断基準です。

特に困らなければ積極的に捨てていきましょう。それでも判断がつかないものはあり得ます。例えば生活には特に困らなくても処分したらあらためて手に入れることが難しいようなものです。その場合でも取っておいて将来使うことがあるかどうかを考えてみます。よほど貴重で価値のあるものでなければ、結局将来的に使う可能性の低いものは処分対象となります。

将来使用可能性の判断が難しい場合は、一旦クローゼット等に保存して、保存期間を設定します。例えば保存期間を一年とし、その間一度も使わなければ捨てる対象とするのです。一年も使わないものはたいていの場合生活の中で必要とされるものではありません。

 

部屋をキレイに保つための掃除のコツ

まず、習慣をつけることです。ここで重要なのは、すべてのものを置く場所を最初から決めておく、ということです。そうすれば、「何をどこに片付けたら良いか分からない」ということにはなりません。さらに、常に置いてある場所が決まっていれば、物がなくなるということもありません。このように、ものを置く場所を習慣づけることで、部屋掃除はとても簡単になります。

次に、いらないと思った時に捨てることです。「断捨離」と言う言葉が最近注目を集めていますよね。不要なものを思い切って捨てることで、快適な生活を手に入れようという考え方です。これは部屋をキレイに保つ上で絶対に必要になります。「いつか使うかもしれない」と思って取っておいてあるものは、恐らく永遠に使いません。でも一気に「断捨離」を行おうと思っても、なかなか踏み切れないという人は多いでしょう。「次の休みにやろう」と思っていても、いざやるとなると面倒になったり、用事が入って出来なくなったりするものです。それならば、日常生活の中で常に考えていれば良いのです。「これはいるかな?いらないかな?」と思うものがあれば、その都度捨てていけば良いのです。いつもスッキリとした部屋で、快適に過ごすことが出来るようになります。

最後に、汚れたらすぐに掃除することです。部屋が思いっきり汚れてしまうと、なかなか「片付けよう」という気持ちにならないものです。だからそうなる前に、汚れたら汚れたときに、キレイに掃除するようにします。たとえば、床に汚れを見つけたらすぐに拭き、使った食器はすぐに洗います。面倒にならずに、汚れたらすぐに汚れを掃除することで、快適に過ごすことができます。

 

bnr_01